タバコが胎児に与える悪い影響とは?

Q.妊娠前からタバコを吸うのですが

ダウン症の心配など、赤ちゃんに問題はありませんか?

 

A.喫煙は赤ちゃんに悪影響

妊娠前の喫煙は赤ちゃんに悪影響を与えます。

また妊娠初期は妊娠に気づかない女性も多く、この時に胎児は細胞分裂を繰り返し成長していきます。
そしてこの時期に先天性異常が起こる時期とも言われています。

なので、この妊娠に気づかない、時期での飲酒やタバコは避けたいものです。
なるべく、妊娠計画を立ててからは、禁煙やお酒を控える事を心掛けていきましょう。

タバコが胎児に与える影響は、ニコチンの影響で血管が縮小し、血流が滞って赤ちゃんに十分な酸素や栄養が運ばれなくなくなってしまいます。

そしてタバコの煙に含まれる一酸化炭素は、酸素と結合する働きのある、ヘモグロビンという血中成分に結びつき、母体にも赤ちゃんにも双方に害を及ぼし、低酸素状態になってしまいます。

そのせいで流産になってしまったり、早産の確立が増えるばかりでなく、脳などにも影響をあたえ、低出生体重児が生まれやすくなる報告があります。

また自分でも吸わなくても、旦那さんがすっていたり、同居する人、職場でも喫煙者がいる場合は一酸化炭素を知らない間に吸っている可能性が高いので周りの方に理解をえて、なるべくタバコの煙なども避けるようにしていきましょう。

(学研:妊娠中の食事と栄養から転記)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です