芸能人でもダウン症の可能性があると医師に告げられ元気な赤ちゃんを産んだ事例

石田純一の奥さんでもあり、プロゴルファーの「東尾理子さん」もともと妊娠した時の年齢も36才と高齢出産で、ダウン症のリスクが高い出産で、本人のブログでも
「2012年6月3日」のブログでクアトロテストを受けお腹の中の子供がダウン症の確率が高いと医師に宣告されました。
しかし、東尾理子さんはお腹の中の子供を出産したいという思いで、羊水検査を受けづ、葉酸サプリを摂取し続けた結果、元気な赤ちゃんを出産することができました。この時の、ブログには、4700件もの励ましのコメントがされたようです。
その時の飲んでいたのが、美的ヌーボという葉酸サプリです。

 

ただ美的ヌーボは天然成分100%なのですが、正直値段が高いです。

 

 

これは厚生労働省から、1日の摂取量も言われており。
妊婦さんの場合は1日葉酸を400マイクログラム摂取するように推薦されています。
厚生労働省のサイトへ
 

 

 

 

神経管閉鎖傷害とダウン症の違いとは!?

 

神経管閉鎖傷害とは、二分脊椎・無脳症の事です。

 

まず二分頸椎は先天性異常の一種で妊娠初期胎児に起こる以上で「脊髄が2つに分かれている状態です」

 

 

 

薬剤師が教える正しい葉酸サプリの選び方 

なぜ二分脊椎・無脳症がおこるのか?

胎児の中枢神経の原型は背中の真ん中にあります。この中枢神経は板状の構造をしていて、妊娠4週目に入るとだんだんと板状から筒状になり、上から下まで筒状になっていきます。そしてその上に皮膚がとじ周りに神経や、筋肉が出来てきます。しかし、葉酸などの栄養素が足りないと、この時に閉じ忘れがおこってしまいます。そして背中から下の神経にこの閉じ忘れがおこった場合は、「二分脊椎」そして背中の上の神経管に閉じ忘れがおこれば「無脳症」となってしまいます。

 

葉酸は、二分脊椎・無脳症のリスクを下げるだけでダウン症のリスクは下げないのか?

 

赤ちゃんを元気にする栄養の話(大井静雄)単行本を参考に。
このような記事がのせられていました。

 

 

 

以前は、先天性異常の無脳症や二分脊椎のリスクを下げるとして知られていた葉酸ですが、
世界的に有名な医学士「ランセット(LANCET)」で2003年4月に葉酸がダウン症を防ぐ可能性があると発表が掲載されています。
また、その他にも葉酸は大きく胎児の健康に貢献することが明らかになっていると言われています。

そのランセットの記事はコチラから

 

 

 

日本語訳

ダウン症候群の幼児の一部の母が葉酸とメチル(葉酸遺伝子の突然変異だけでなく)の異常な代謝があるという証拠があります。そして、それは神経管欠損(NTD)でも見られる特徴です。
したがって、別に考慮される各々の障害の発病率に期待されるより、ダウン症候群とNTDが同じ家族でよりしばしば起こるかどうか、我々は調査しました。その調査結果カルテからデータを鶏、ダウン症の神経管欠損(NTD)は直接的に関係している事が検証され、葉酸サプリメントでダウン症のリスクを防ぐ事が可能です。

医師の専門書ランセットより、2003年にダウン症は防ぐ防げる可能性があると言う事が判明しました。

厚生労働省からも推薦されている葉酸の働きとは?

 

まず葉酸の働きからお伝えして行きます。サプリメント大国、アメリカやイギリスでは日本よりも早く、妊娠計画を立てている夫婦に葉酸を進めるようにしました。その結果、アメリカやイギリスでは葉酸摂取で10年でダウン症などの先天性異常の発生が10分の1になったと言われています。
 しかし、日本では近年、高齢出産であったり、ジャンクフードなどを好む若者の偏食からくる栄養不足から、日本のダウン症などの先天性異常がアメリカの8倍、イギリスの6倍という数値が出ています・・・。もし、あなたが妊娠計画を立てていてこの数値を見たら一言とはいえませんよね?葉酸を摂取すると神経性障害児のリスクが、70%も軽減すると言われています。
 また、日本以外の先進国(アメリカ・イギリス・オーストラリア・中国)でも
葉酸を摂取するように、国から推薦されています。そして、平成12年12月28日に日本も、葉酸をサプリメントや食事で摂取するように厚生労働省から推薦するようになりはじめました。

 

厚生労働省が推薦する葉酸で先天性異常のリスクが軽減!

女性の葉酸の働きとは?

 

胎児は、お母さんのお腹の中に誕生してから12週間の間は細胞分裂を繰り替えして大きくなります。

 

この時にDNAは核酸といって、細胞を作る時に必要な情報を持ったDNAとその細胞をタンパク質
を結合するRNAがあります。このDNAとRNAのお陰で胎児は大きく成長していく事が可能です。

 

葉酸は、コピー機に例えると「トナー」!?

 

 

 

この時に、葉酸をコピー器に例えて、説明していきます。上でも書いたように、胎児は成長する過程で核酸を繰り返し大きくなります。この時に葉酸(トナー)が不足していると、トナーが足りなくなり、コピーも薄くなってしまったりと、ミスコピーが出てしまいます。これがお腹の中で言う、先天性異常が発生してしまう状態です。そのコピーを正しくするためにトナー(葉酸)は、必要不可欠ですよね?
そのトナーが葉酸にあたります。葉酸の働きは、ビタミン12と一緒に、赤血球や、タンパク質の合成を助ける働きがあり、胎児が誕生してから12週目までの細胞分裂を繰り返し大きくなります。このように、女性は妊娠してからの葉酸が必要だという事が分かります。

 

男性にも葉酸必要な理由とは?

 

男性は女性とは、逆で出産前の精子に先天性異常が見られるケースが多く、最近では、不妊症の原因が男性にあったり。男性の精子の質が見直されています。男性の精子の染色体異常は1%から4%と言われています。染色体異常のせいで、不妊であったり受精しても、先天性異常を招いたりと男性の精子の質にも、近年見直しがされています。
カリフォルニア大学バークレー校の教授によって行われた、
葉酸を摂取した男性と、そうでない男性の染色体異常になるリスクを比較した実験ではなんと・・・
葉酸を摂取した男性の染色体異常が30%低くなる
という結果が実際に実験から導き出されました。この結果から男性にも女性にも、ダウン症状などの先天性異常のリスクを
少しでも防ぐ為に、葉酸をサプリで摂取する事が望ましいですよね。

 

葉酸の摂取は、食品?それともサプリメント?

 

 

まず、妊娠した女性を例にします。厚生労働省からの推薦葉酸摂取量は、400マイクログラムとされています。この400マイクログラムを食品で摂取しようとした場合、例えば、葉酸が多いバナナの場合、1本の葉酸量は約20マイクログラムとされています。もし、バナナを葉酸で摂取しようと考えた時にその量は1日20本です・・・

 

食品だけで葉酸を摂取するのは不可能・・・

 

そう考えると、食品で葉酸を摂取する事が不可能です。
なので、厚生労働省も葉酸は、食品でなく、葉酸サプリで摂取するように呼びかけて
いるんですね。

 

芸能人でもダウン症の可能性があると医師に告げられ元気な赤ちゃんを産んだ事例

石田純一の奥さんでもあり、プロゴルファーの「東尾理子さん」もともと妊娠した時の年齢も36才と高齢出産で、ダウン症のリスクが高い出産で、本人のブログでも
「2012年6月3日」のブログでクアトロテストを受けお腹の中の子供がダウン症の確率が高いと医師に宣告されました。
しかし、東尾理子さんはお腹の中の子供を出産したいという思いで、羊水検査を受けづ、葉酸サプリを摂取し続けた結果、元気な赤ちゃんを出産することができました。この時の、ブログには、4700件もの励ましのコメントがされたようです。
その時の飲んでいたのが、美的ヌーボという葉酸サプリです。

 

ただ美的ヌーボは天然成分100%なのですが、正直値段が高いです。