ダウン症の医療制度と支援について。

 

ダウン症の手帳は3種類あります。

 

身体障害者手帳

視力、聴力、平衡感覚、音声言語機能、などの言葉のほか
内情紹介度がある人が対象になっています。
その障害の重さに応じて1級から6級の区分があります。

療育手帳

知的障害のある人に交付され、IQや社会性、日常動作
の程度に応じてきまし、判定基準は非常に細かく定められて
います。また地域によっても多少無いが異なります。

精神障害者保健福祉手帳 精神障害などで日常生活に困難がある人が対象です。

 

療育ケースはどんな時に取得するのが多いの?

手帳は、福祉制度やサービスを利用する際に、障害の有無を証明する
ものです。

 

療育手帳の申請

手帳は、福祉制度やサービスを利用する際に、障害の有無を証明する
ものです。
福祉事務所や市町村役場の福祉担当社窓口で手帳の交付に必要な申請
制度を受け取ります。
その後、児童相談社(18歳以上は更正相談所)で心理半的を受ける
必要があります。判定の結果により、申請書、写真の提出して手続きをします。

 

身体障害者手帳を申告する場合は医師に相談するのが一番です。
身体障害者手帳を申告するには、医師の診断書が必要です。
前もって担当医に相談しておくとよいでしょう。

 

療育手帳を受けたらどんなサービスを受けれるの?

 

・特別児童扶養手当
・心身障害者扶養共済
・国税・地方税の減税など
・公共住宅への有せん獣医
・NHK受信料の割引
・旅客鉄道運賃の割引
など、これらの他に地域よって独自のサービスもあります。ただし、障害の程度のよって受けれる
サービスは異なってくるので、確認をして下さい。

 

療育低調の取得は人により異なります、

 

ダウン症は、両幾手帳あるいは、身体障害者手帳の対象となっています。
これからの手帳をもっていると様々なサービスを受けれます。
また供済制度などの経済的な支援制度を利用する時にも手帳の指示が
求められます。ただし、手帳の取得は義務ではありません。あえて利用しない事を
選ぶ人もいます。

 

医療費の補助を医療する人も多い

ダウン症では、特に幼少時に合併症の治療などで医療費の負担が大きくなります。
こうした負担を軽くするために、色々な支援を利用できます。
地域によっては、独自のサービスをおこなっているところもあります。
また、談笑に限らず、乳幼児の医療費の補助制度がありますから、積極ていに利用
したいものです。

子供の時に利用出来る経済支援とは?

支援制度によっては、対象年齢が定められています。
ここでは、20代未満を対象にした主な支援制度を紹介しています。

 

乳幼児を対象に、医療費の助成をおこなう制度です。
地域の自治体のよって運営されているため、居住地区以外では利用できません。
また、他の医療費助成度を利用している場合は、対象になりません。

 

慢性疾患や重度の障害への援助は?

ダウン症では先天性心疾患がある場合は、小児慢性疾患への助演が受けられて
います。
 また、身体障害者手帳や療育手帳を手帳を取得しておいて、その程度が
思い場合には、重傷心身障害医療の制度が対象になります。

 

特別児童扶養手当

身体、または精神に障害のある子をもつ父母、またじゃ養育者に
給付されます。手帳を取得していなくても、申告できます。
ただ、所得の制限がありあす。(全般的支援)

 

ただ注意しないといけないのが、
・地域によって内容に差がある事
・他の援助と重複して受けられない制度もある
乳幼児医療、重傷心身障害者医療の支援に進んでいる地域以外では、
助成をうける事ができない。また所得や、他の制度利用状況などによる制度があるのでよく
確認をして下さい。