ダウン症を診断できる検査方法は4種類

妊娠前、妊娠中は、誰もが将来の子供に不安をもっています・・・

そして、そのダウン症を知る方法はいくつかあります。
出生前診断は日本では、まだ方法や対象についてのガイドラインがない状態です。

受ける場合は自分自身この審査で何が分かるのかを知る必要があります。

大きく分けると審査は4つになります。

 

まずは確実ではないが手軽に行える2種類

 

超音波検査

超音波で赤ちゃんの臓器などを見る方法で赤ちゃんの体を外から見える方法です。

 

母体血清マーカー検査

母親の血液を少量とって含まれる成分を調べ、赤ちゃんの異常や病気の確率を算出する方法です。
あくまで可能性が分かるだけで、確定診断ではありません。

 

確実で多少のリスクを伴うもの

 

羊水診断

母体の腹部に細い針をさして、子宮内の羊水を少量取る。

羊水は赤ちゃんから出る細い細胞が含まれているので、かなり詳しく調べる事ができます。

 

絨毛検査

子宮口から器具を入れ、子宮内の組織を少し取る方法で、羊水の検査同様、赤ちゃんの状態を詳しく調べる事ができる方法です。

注意!

ここで注意したいのがダウン症の原因を追求する事には意味がないと言う事です。

テキストダウン症がおこるのは1000人に1人の割合と言われています。

高齢出産になれば、とくにそのリスクが上がるといわれ、年齢が1つの目安になります。
しかし、なぜダウン症になるのかは現在も確実には解明されていません

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です